レジオネラ属菌入浴施設や温泉などで多発するレジオネラ属菌の対処法とは

アライグマキャラクター

レジオネラ属菌について

レジオネラ属菌とは
レジオネラ属菌は自然環境では土壌、河川、池や沼などに生息し、人工環境では空調用冷却塔、給湯器、噴水、加湿器などに生息しています。
温泉入浴施設の源泉にはあまり生息しないと考えられており、特にph3.0以下の酸性温泉、65℃以上の高温温泉には生息していません。
また、レジオネラ属菌が温泉浴槽水に混入する経緯は明らかになっていませんが、おそらく土埃や人体に付着して持ち込まれると考えられています。
通常、浴槽より蒸発する水蒸気の中にはレジオネラ属菌は存在しません。
打たせ湯、シャワー、ジャグジーなどで目に見えないほど細かい水滴(エアロゾル)を吸い込むことで感染します。
レジオネラ属菌による病気は、「レジオネラ肺炎」「ポンティアック熱」の2つに大きく分けられ、レジオネラ肺炎の症状は寒気・高熱・吐き気・筋肉痛・意識障害などがあり、場合によっては重症に陥るケースもあります。
ポンティアック熱の主な症状として、寒気・発熱・筋肉痛などがあり、一般的に重症まではいたりません。
レジオネラ属菌 除菌浄化装置「KANKI」
お客様のためにできることは何でしょう・・・
温泉、入浴施設で大切なことは何でしょう・・・
レジオネラ属菌による事故の多発・・・
死亡者も出るレジオネラ症は人的管理責任です。
お客様の笑顔のために・・・
紫外線・オゾンによるダブル殺菌方法「KANKI」は施設の安全と信用、お客様に安心を提供いたします。

「KANKI」の原理

特殊ランプでのダブル殺菌が「KANKI」除菌浄化の原理です

KANKIは、実用新案登録(第3045120号)された特殊な、冷陰極式紫外線ランプにより、紫外線とオゾン(オゾン水)のダブル殺菌を可能にしました。

メカニズムイメージ
【紫外線】
紫外線は生物のDNAに作用し致死に至らしめる極めて優れた殺菌効果があります。
KANKIの特殊ランプは、石英ガラス管を使用して紫外線の透過ロスを押さえ、器内を通過する温泉(水)に100%照射します。
【オゾン、オゾン水】
オゾンの酸化力は強力で、塩素の2,000倍~3,000倍といわれています。
オゾンは、特に大腸菌やレジオネラ属菌等のグラム陰性菌に対して、高い殺菌効果があります。高い殺菌力ゆえに、オゾンが空気中に在るときには基準濃度が0.1ppmと定められております。
KANKIの特殊ランプは、点灯中0.05ppmのオゾンを連続的に発生させております。特殊ランプは水没型として開発されましたので、オゾンがガス化することなく温泉水に溶け込み、オゾン水として殺菌効果を上げております。
【シンプル、ローコスト】
KANKIの特殊ランプは、30,000時間(約3年半)と長寿命です。
電気代もランプ1本当たり6Wです。管理も簡単で年3~4回のランプ・クリーニングをして頂くだけです。

特徴

「KANKI」はシンプル&ローコストです

KANKIの特殊ランプは、30,000時間(約3年半)と長寿命です。
電気代もランプ1本当たり6Wです。管理も簡単で年3~4回のランプ・クリーニングをして頂くだけです。従来の除菌方法よりも簡単でかなりの低コストです。
KANKIは、発表以来公共施設をはじめ、旅館、ホテルにご利用いただき、圧倒的な設置実績を上げております。 アフターフォローも万全。安心して導入いただけます。

「KANKI」イメージ
【塩素消毒には限界があります】
アルカリ泉質では、塩素の消毒効果が激減してしまいます。
  ↓ならばと
塩素を大量に使用すると、塩素臭により利用者(お客様)に不快感を与えてしまいます。
  ↓結果
塩素の大量使用により、温泉成分と化学反応して源泉の持ち味も損なってしまいます。
これでは、入浴施設の命である温泉の特徴がいかされません。
【KANKIなら】
大腸菌やレジオネラ属菌等のグラム陰性菌に対して、高い殺菌効果で徹底除菌いたします。臭いや清掃の手間も少なくなって一石二鳥。
温泉にも人件費にも絶大な効果をもたらします。

仕様&価格表

「大型循環器用」

全国旅館生活衛生同業組合連合会事業部推薦品。

KANKI NS-80-6B

「KANKI」イメージ

価格:応相談 お気軽にお問合わせ下さい

サイズ:H971x495φ
材質:SUS304

設置までの流れ

ご相談から設置までの流れをご説明致します

全国どこでも設置可能。ご相談・お見積もりは無料です。お気軽にご相談ください。

設置フロー
  • STEP.1 【ご相談】
    まずは、お気軽にご連絡ください。
    電話・ファックス・当ホームページからご連絡いただければ結構です。
  • STEP.2 【お見積もり】
    ご連絡後、設置希望施設を視察させていただき、お見積もり致します。
    その際に、ご心配な点・ご質問等にお答え致します。
  • STEP.3 【ご契約】
    お見積後、内容等を納得していただいた上でご契約いただきます。
  • STEP.4 【設置計画のご提案】
    KANKI設置のための必用な工程や準備をご提案致します。
  • STEP.5 【設置準備】
    KANKI設置のために施設側の準備をしていただきます。
  • STEP.6 【KANKI設置】
    KANKIを施設に設置し、運転を始めます。
  • STEP.7 【試験】
    検査機関に試験データを依頼します。
  • STEP.8 【メンテナンス】
    定期的にメンテナンスを行います。
ページの先頭へ